ぶらり旅

2013年10月10日 (木)

秋の瀬戸内の旅 2013/10

◆瀬戸内へ〜羽田→高松

①2013/10/10

夏休みの残り(有給休暇だけど)を使って、三年振りの瀬戸内国際芸術祭へ。
もう、前回から三年も経ってしまったとは…早い。

生憎、連休も重なってマイレージでの予約が希望通りには取れず、今回は他の都市には寄らず高松のみで三泊四日。
ついつい押し込みがちな旅になるので、無理せずにノンビリ行きます。

と言う事で、一日目からノンビリ出発。
何度来ても空港の雰囲気が好きです。

羽田11時55分初の高松行き。初のボーイング787☆ワクワク。


1381451172283.jpg

1381451176033.jpg
1381451181043.jpg


機体に厚みがある感じの印象は、機内もサインなど丸く柔らかく、CAさん達も壁付のタッチパネルで何かを確認している様子。新しい機種なんでしょうね。
羽田は平日昼間にも関わらず、混雑し10分遅れの出発。

ランチは羽田空弁を購入して離陸後頂きました。
佐藤水産の海鮮弁当。人気なのが解るっ。


1381451182646.jpg


1381451185285.jpg


食後のコーヒーを頂いて満足☆

さて、高松空港に到着。空港内は瀬戸芸の広告がビッシリと。キレイでした。
リムジンバスに乗って、一路、瓦町へ!

が、飛行機の到着遅れが響き、予定がズレズレに。
「イサム・ノグチ庭園美術館」に事前予約していた15時〜の見学ツアーに間に合うか⁈

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月 8日 (月)

最終日・大地の芸術祭〜下条•川西

◆9月15日(土)

旅の最終日。本日も一日バスでアート作品巡ります。バスは乗り降りで、本数もそこそこにあるので、観たい作品のある所のみに。
やはり、これでなくっちゃ。

前日の食べ過ぎ飲みすぎで胃が疲弊していながらも、朝食はしっかりいただきました。これは旅の鉄則。

1349412780154.jpg


駅に行くと、出発前に地元のお母さん達が無料休憩所でもてなしてくださって、隣の横浜から来た女性と会話。自分で運転して行った方が楽しいし、楽だとの事。うーん、次回はそうしよう。


Aコース:十日町駅→神明水辺公園→もぐらの館→うぶすなの家→JR下条駅→ナカゴグリーンパーク・光の館


<神明水辺公園>


さて、本日はAエリアへ。十日町駅から下条の神明水辺公園に。
鏡を巧みに使ったペローの作品が蓮と水を映し出します。

1349412789482.jpg

1349412794041.jpg 1349412797118.jpg

<小さな部屋 >

1349412806410.jpg 1349412803739.jpg


川の水がキレイです。彼岸花も咲いてます。

1349412800302.jpg 1349412809599.jpg



<もぐらの館>


次は廃校を利用したもぐらの館へ。
廊下の木片がなかなか面白い。もぐらの気分?

1349412814975.jpg 1349412819772.jpg


子供達が泥のワークショップしてました。泥団子、凄い…

1349412822552.jpg 1349412825525.jpg

1349412829059.jpg 1349412832933.jpg

外では稲刈りしてますね〜

1349412835887.jpg



<うぶすなの家>


そして、うぶすなの家に。
めちゃ混み!土曜日だから地元の人も来ていて、食事は40〜50分待ち(^_^;)

1349625761406.jpg

お風呂場も備前の焼き物です。

1349412838608.jpg 1349412841363.jpg

1349625752681.jpg

二階に上がると茶室が二つ。和紙の部屋と真っ暗な中に茶碗が並べられている部屋が。どちらも同じ陶芸家の方の作品。

1349625755701.jpg R0015524_2

R0015525

瓦らしきオブジェがありました。

1349625756892.jpg


1349625758354.jpg 1349625754474.jpg

R0015529_2

そして、なんとかランチを。野菜が甘くて美味しかった!

R0015531 1349625763273.jpg

続きを読む "最終日・大地の芸術祭〜下条•川西"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月30日 (日)

大地の芸術祭〜②津南

◆9月14日午後 @津南方面

さて、午後も一日一本の乗り降りバスを使って廻ります。南の越後田沢駅に近い方面へ。
午前中のバスはガラガラで10人位の乗客だったので、運転手さんも顔を覚えて把握していたようでしたが、午後便は満席(>_<)平日でも参加する人がいるのも、都心から近いからかもしれません。

◆Fコース
まつだい駅→津南駅→津南のためのインスタレーション〜つながり〜→東アジア芸術村→マウンテンパーク津南→大地の市→越後田沢駅→キナーレ→十日町駅


<津南のためのインスタレーション〜つながり〜>

先ずは機織工場だったという建物の中に、半年間雪に覆われる越後妻有の陰と陽を表現。

1349010044792.jpg

いきなり、地下の建物の基礎を覗き…
1349010048406.jpg

上がるとまた、暗い部屋に。何やら照明が。

1349010049923.jpg

その表側に行くと、Tシャツがランプシェードに。このTシャツは住民から集めたものだそうです。

1349010051457.jpg

奥の壁にはワイヤーハンガーがたくさん!

1349010052974.jpg

上のフロアーには、繊維の雲が。
奥にはまたまたワイヤーハンガー。

1349010054660.jpg

1349010056206.jpg


廊下にはたくさんのお願い事が下げられてました。

1349010057153.jpg

なかなか面白かったです。


<東アジア芸術村>

中国や韓国の芸術家が集まる、東アジア芸術村。
辰年なので、ドラゴンの展示が。

1349010058097.jpg

1349010059304.jpg


1349010060605.jpg 1349010061601.jpg

山の上で稲刈りを待つ稲穂と山がきれい。

1349010062667.jpg

1349010064157.jpg


<マウンテンパーク津南>
スキー場やクロカンコースのある広大な公園。バスの運転手さんが注意がありました。
「最近、熊が出るので、皆さん一緒に行動して下さい」
そんなに〜⁈と思っていましたが、パトカーが園内巡回していました(^_^;)

という訳で、年長の男性がリーダーとなり、登窯の
ツァイ・グオチャンのドラゴン現代美術館から。

1349010065453.jpg

皆さん、音が出るものだと思って…登窯を知らない人も多くビックリ。


1349010067142.jpg

つらつらと集団行動。苦手だわ(-。-;

これ、面白かったです「森」7000本の鉛筆。

1349010068228.jpg

池の前、芝の上に大理石の枕がある「再生」。

1349010069806.jpg

これもキレイでした。丸太とは見えない!

1349010071608.jpg

暑くて、時間制限あり、自然の中なのに集団行動は厳しい…


<大地の市>

山から降りて、街中へ移動。
何やら白い物が、、、

1349010073073.jpg

よーく見ると、建具が白く塗られていて、ガラスなどはめ込まれたままのものも。
脇に野菜や天然水が売られていて、元気なオバちゃまが説明をして下さいました。

これは「建具ノモリ」という作品で、週末は市場をこのブースを使って行うそうです。車座おむすびもここで開催。なかなか楽しそう。


<越後田沢駅>

駅の敷地内に木造の建物とテントが。
中に入ると、黄色い船がドーンとありました。


1349010074866.jpg 1349010075955.jpg


その奥にはステッキがぶら下げられていて、下には水面。いつかはみんな、杖が必要になるということからの発想。うむむ。

1349010077154.jpg

すっかり日が暮れて来ました。地方の駅は良いです。

1349010078319.jpg

この後、十日町に向かい、キナーレで下車。
はー、長いツアーが終わりました。グッタリ、、、疲れた(-。-;
自分はツアーに合わない…と実感したツアーでした。


キナーレの大浴場に行く準備をし、疲れ気味でしたが最後の夜なので、ホテルで紹介していただいた割烹料理の「入船」さんへ行ってみることにしました。


1349010079709.jpg

個室が幾つかあるようで、私は8席位のカウンターに案内されました。
金曜日なので、予約のお客様は御座敷で盛り上がっている様子。女将さんがテキパキと接客しながらも、話しかけて下さって有難い(^ ^)

最後なので、やはり地の日本酒を。

1349010080955.jpg

お通しも美味しかったです。


1349010082603.jpg

1349010083970.jpg

ホタルイカの沖漬け、ぬた和え、焼きノド黒。日本海側ならでは〜☆

女将さんと大将と、芸術祭の話や世間話をしていたら、大将が珍しい一品をサービスして下さいました。


1349010085593.jpg

糸ウリ?ポン酢で和えてあり、美味しい〜☆
初めて食べましたぁ。
すると、大将が「切って鍋に入れるだけで、糸みたいになるから、やってみて」と、お土産に瓜を下さいました!嬉しいです〜(^ ^)
これ

1349010086710.jpg

と、ワイワイさせて頂いていたら、お隣の常連Mさんがオススメ日本酒をご馳走して下さいました!


1349010088185.jpg

凌駕という十日町の地酒。超淡麗、スッキリして美味しい〜☆

大将オススメの野菜タップリのカレー煮も日本酒と合いました。

1349010089155.jpg

Mさんも久しぶりに日本酒を頂いたらしく、楽しそうでした。皆さんから「次は2月の雪祭りと5月の着物祭りに来なさい。それを知らなければ!」と教えて頂きました。やはり、雪の国、機織りの町なんですね。

お腹いっぱいと思いつつも、〆はおむすび!しかし、さすがに一つはお持ち帰りにσ(^_^;)

1349010090254.jpg

楽しく、お腹もパンパン〜なところに、またまた大将からサービスが〜塩納豆!美味い〜(^o^)
翌日もあるので、意識あるうちに⁈退散。本当に楽しく、また、地元の良き方々に出会えて感謝の最終夜でした。

しかし、、、かなり食べて呑んでしまい、ホテルに到着してベッド&トイレに倒れこみました…反省(-。-;

翌日は一日廻ってから東京へ、メインの光の館へ!頑張らねば‼

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月23日 (日)

大地の芸術祭〜①まつだい•津南

◆9月14日(金)

いよいよ、メインイベントの大地の芸術祭@越後妻有へ。
ほくほく線の構内にあるインフォでエリアパスについて尋ね、本日と翌日分を購入。 平日も走る一日一本のバスに乗って、予定通り2コース利用する事にしました。


まつだい農舞台

先ずは、隣の駅「まつだい」へ。 バスの出発まで1時間ほどあったので、駅前の農舞台へ。
駅から既にアート作品に繋がってました。 何やら壁に…

1348389228623.jpg

駅の裏に山に潜むアートが。
1348389231071.jpg

農舞台の全体は動物達が。中には教室までも。

1348389232692.jpg 1348389234052.jpg

トイレにいったら、、、面白い(^ ^)

1348389235863.jpg


先程の山にいたオブジェは、この詩と繋がってました。稲穂が大切なこの土地です。

1348389236751.jpg


そして、トリエンナーレには欠かせないあの人の作品が稲穂の向こうに…

1348389238636.jpg 1348389240082.jpg

今年は出番が多い、草間彌生さん。

まつだいの資料館もあり、日本建築の良さを感じます。

1348389241415.jpg 1348389242347.jpg


バスを待っていると、こんな笠が売ってました。通気性があり、涼しいかも〜。先人の知恵ですね。

1348389243361.jpg


◆Eコース
まつだい駅→「森の学校」キョロロ→松之山温泉→夢の家→オーストラリアハウス→まつだい駅 バスに乗って、Eコースに行って来ます。平日、さすがにガラガラ。けれど、男子20代らしき三人組が大声で話していて、大ひんしゅく。注意しようか迷いつつ、グッと我慢(~_~;)

1348389244510.jpg


十日町市立里山科学館 越後松之山「森の学校」キョロロ

先ずは、キョロロ。 2003年に開館した手塚貴晴+由比夫妻の建築。錆びたような色が潜水艦のような形であると、山の上なのに不思議な感じ。

1348389245579.jpg 1348389247054.jpg

館内はいきなり蛇などが水槽にいて、びっくり!正式名称が「十日町市立里山科学館」というだけに、すごい虫やら爬虫類やら…(・_・;子供達は網を持って山に入って行ってました。 カエルが大の苦手な私は、さっくり観て退散でした。

1348389248562.jpg 1348389249995.jpg


次は松之山温泉入口。なんて事ない場所でしたが、実は燈籠らしい。 鉄道が通っていたのか、線路がありました。

1348389251639.jpg



夢の家

次はいよいよ、マリーナ•アブラモヴィッチ「夢の家」。 古民家を使って「夢を見る」ためにつくられた宿泊施設作品。実際に作家が用意した風呂で身を清め、パジャマとベッドで眠り、翌朝見た夢を書き残すのが作品。 しかし、風呂場が二箇所、ベッド四箇所ですが…生と死を表現された相対する色や物が。夜は怖い感じです(>_<)

1348389252530.jpg 1348389255056.jpg

1348389253779.jpg

1348389256113.jpg

ベッド…赤の部屋。ほかに青・緑の部屋も。

1348389257464.jpg 1348389258915.jpg


パジャマ…四色

1348389259847.jpg 1348389261166.jpg

うーん、シュール(~_~;)
しかし、この「夢の家」も2011年3月の震災で、壊滅的になってしまったとのこと。この夏から復活したそうです。


オーストラリア・ハウス

次は明るくオーストラリア・ハウス!
世界から154点の応募があったコンペで、安藤忠雄先生を含み審査員全員が認めたアンドリュー・バーンズ・アーキテクトの作品。
コンペの条件は「安くて、小さくて、頑丈」な防災建築。鴨長明の方丈記の家のようにコンパクトということのよう。実はこのオーストラリア・ハウスは二代目だそうです。一代目は古民家を再利用したものでしたが、2011年の震災で全壊してしまったとのこと。いろんな未来を考えて造られた作品です。

三角形のこちらも宿泊施設です。 外観の三面です。


1348389262129.jpg

1348389263521.jpg 1348389264499.jpg


中に入ると、稼働の壁に鏡が。そして、縁側が風が通りキモチ良い感じ。

1348389265346.jpg 1348389268042.jpg

1348389266401.jpg

ここは心地良い♪残念ながら、二階には上がれず水周りなどがわかりませんでした。


午前中のコース終了。まつだい駅まで戻ります。 次のバスまで30分!若者はコンビニに駆け付けてましたが、私は急いで昼食を駅前の食堂で。豚丼☆柔らかくて美味しかったです(^ ^)


1348389269110.jpg


午後は津南方面へ…つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月13日 (木)

弥彦パワーと日本海列車の旅へ

◆9月13日(水) 弥彦⇒柏崎⇒直江津⇒十日町


3日目の朝は快適に起床し、大浴場で独占朝風呂。平日シーズンオフはこれが特権。

そして、朝食を大広間で頂きます。
またまた、お米の美味しさが引き立つお菜。安心☆

1347545569427.jpg

お隣に座ったご夫妻のご主人に「一人ですか?」と話し掛けられ、暫し対話。群馬在住の定年後にご夫妻で気ままな旅をしているとのこと。ご縁のなかなか無いお嬢様の話しや、橋本大阪市長の事やら話し込み、奥様のご好意で弥彦神社まで車で送って頂ける事になりました。
有難いです〜。


<弥彦神社•弥彦山>

奥様と一緒に一の鳥居から参道へ。
キレイな樹々と涼しい空気が清々しい。


1347545587013.jpg


1347545591860.jpg 1347545598096.jpg

そして、本殿へ。
なんて神々しいのでしょう。山と空と雲が包み込んでいる…

1347545603206.jpg

1347545611663.jpg

気持ちの良い弥彦神社でした。

奥様はお嬢様へ縁結びの御守りを得て、こちらでお別れ。私はロープウェイで弥彦山へ。このご縁も感謝です。

1347545619161.jpg 1347545624620.jpg

このロープウェイ、ガイドさんが乗車して素晴らしいアナウンスと挨拶。若い女子三人で上がったり下がったり、とても気持ちの良い印象でした。

そして、到着!
日本海が一望。美しい☆佐渡ヶ島の大きさを感じます〜。

1347545628814.jpg

1347545635759.jpg


時間もあるし、せっかくなので、弥彦神社御奥社まで登頂することに。が、意外と700mの山登りは厳しく(~_~;)行き絶え絶え、汗だくで到着!

1347545641880.jpg 1347545646902.jpg

1347545651915.jpg

いや〜気持ちの良い‼
日本海と庄内平野が見おろせるとは☆

日本海側
1347545659099.jpg

内陸、燕三条側
1347545665244.jpg


と、休みながらウロウロしていると、宮司さんが御供え物を持って、神前にて奉納の唱えを。偶然でしたが、ラッキーでした。
毎日登頂するおじさんと山ガールの会話で、毎日10時に御供えにいらっしゃるとのこと。ラッキー☆

1347545670686.jpg


その宮司さん、帰り掛けに公衆トイレを掃除されていて、若いので、まだまだ修行中なのかな?と考えながら下山しました。

しかし、山の上には公共•民放放送のアンテナと中継点らしい建物がズラリ。それだけ高いという事か。


1347545677190.jpg 1347545683197.jpg

山頂からは金色の田の稲穂が稲刈りを待ちわびているかのように広がっていました。モミジも少し紅葉して来た感じ。秋はめちゃくちゃキレイそうです。
因みに、今年は晴れた日が続いたので、早く稲刈りを行い、出来も良いそうです。早稲のコシヒカリも品種チェック完了。楽しみ(^ ^)


下山して湯神社を目指したのですが、また、かなりな急斜面であきらめました(^_^;)

暑いので、弥彦をあとに、さっくり各駅停車の旅へ進みます。


<弥彦⇒柏崎⇒直江津>

1時間に一本位の電車、弥彦から吉田乗り換えで柏崎へ。意外と高校生が乗って来てびっくり。まぁ、学校の時間に合わせて時刻表も決めるのでしょうね。
いつも思いますが、地方の電車は本数がめちゃくちゃ少ない。でも、上手く住民は利用していて、エコというか、辛抱強く気長なんだろうなぁと。イライラしている都会の人が変なのでしょう。


1347545686929.jpg

弥彦線 弥彦駅
吉田で乗り換え。

1347545699822.jpg 1347545706711.jpg

出雲崎、行きたかったな~名前発祥の地?があるのです。


1347545710584.jpg

柏崎駅前。うーん、イマイチ活気が無い。海よりでないとダメですね。
拉致現場も近いかと…

途中下車せず、特急で一機に直江津に。


1347545731764.jpg

あの日本海。拉致現場近し。


直江津も駅前は静か。駅から離れないとお店がなさそうであるので駅弁を買い、遅いランチを取ることにしました。
ほくほく線に乗って、鱈弁を頂きまーす。
稲刈りされて、稲穂が横たわってます。既に二毛作の稲が〜


1347545742289.jpg 1347545746201.jpg

1347545751060.jpg 1347545777709.jpg


<十日町>

十日町に到着!今晩と明晩は同じホテルニュー十日町へ。こじんまりキレイなホテルです。

1347545783586.jpg


時間があるし、お腹もいっぱいなので、キナーレの温泉に行ってみる事に。

キナーレ、なかなか大きな建物。中心にはボルタンスキーの古着を使った作品が。ダイナミックで心臓音が印象的。でも、ずっと観ていたい不思議な作品。

1347545787250.jpg

美術館に入ると、数点展示が。

1347545799702.jpg 1347545814422.jpg

中でもクワクボリョウタの「LOST」が光源を使った作品が面白かったです。暗くて写真撮れず。

FMのスタジオも。

1347545819503.jpg

そして、温泉♪広くて街の銭湯になってました。

1347545830882.jpg 1347545838916.jpg

サッパリ‼
小嶋屋さんでへぎ蕎麦を頂き、ついつい日本酒も(^。^)地酒の「天神囃子」を。美味しい〜!
ああ、また呑んでしまった…


1347545843501.jpg

1347545851592.jpg


明日からいよいよ、メインの大地の芸術祭に潜入です〜(^ ^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月12日 (水)

日本酒と再会と温泉と。

◆9月12日(水) 新潟⇒弥彦

ドーミーインで朝風呂に入り、昨夜の食べ過ぎ飲み過ぎ、歩き過ぎのムクミを取ります。
しかし、朝食も新潟らしい和食で、ついつい食べてしまいました(^_^;)

2日目は大学時代の友人とランチ予定。彼女との再会は何年振りだろうか…。
と、その前に午前中は昨夕予約しておいた「今代司酒造」の蔵元見学へ。

新潟駅でロッカーに荷物を預けて、歩いて向かいました。
今はSuicaでキーレスなんですね。便利です。


1347459934129.jpg


新潟も東京並にジワジワ暑いっ!歩いて15分位でしたが、暑い…でも、東京より湿度が低いから耐えられます。

白山神社に立ち寄り。良き旅になりますように…

1347459951878.jpg


木造の家を土台から上げている現場発見。
凄いな〜この技術。
と、思ったら、今代司酒造の御宅でした(^_^;)

1347459957179.jpg


中に入って、予約時間まで汗をぬぐい暫く待つと、9代目自らの酒造ご案内。今は時期では無いので、客も社員も少ない様子。後一ヶ月で新米の仕込みが始まるので尚更に。マンツーマンで説明を伺いました。


1347459966182.jpg

精米から仕込の方法、木桶とタンクの違い、絞り方などなど、今は機械化しながらも人の手は欠かせないのです。
(詳細は後程に追記)

数年前に今代司酒造を舞台に、武田鉄矢主演の映画「降りていく生き方」を撮影したそうです。一般公開せず、DVDにもなっていないというレアな映画。
その時に使った名前の看板が飾ってありました。『森乃司』という偽名のお酒。今は商品化しているそうです。
テーマは“発酵”と“腐敗”の違いから人間の生き方を描き出す、という深いものが。“発酵”と“腐敗”の違い、それは同じものを人が分けているという意味だと。私は納豆を想像したら、正にそういう事だそうです。


1347459973624.jpg

こちらは本物。銅板の上に木の文字、その上に漆が塗られていたという昔の知恵と贅沢なもの。かっこ良い!

1347459980984.jpg

利き酒用の本物のお猪口。大きさは一合分。渦は色を判断する為に焼いた後に青く色付けされているそうです。

1347459986614.jpg

珍しい、お燗自動販売機が!昭和40年頃に紙コップで一杯50円。しかし、管理が大変であり、ワンカップbig関が発売されて姿を消したそうです。面白いですね。


1347459994468.jpg


そして、この蔵にはタンクに仕込まれているので立ち入り禁止。昔は女人禁制でしたと。


1347460002251.jpg

そして、いよいよ試飲です☆


1347460006985.jpg 1347460020853.jpg

悩みつつ、二種類をGETし、退散しました。
毎年、三月に新潟の蔵元93件が集まり、500種類の試飲会が行われるそうです。
行ってみたーい!


さて、移動して大学時代の同級生Vivaと待ち合わせの加島屋へ。
いや〜4,5年振り?変わらなくて嬉しい!話しまくって、写真を取り忘れました(^_^;)
http://www.kashimaya.jp/upload/chosaku_don.jpg

デザートも美味しかった!

1347460037688.jpg 1347460049697.jpg

二時間半話して、お土産を購入して、駅でお別れ。短かったけど会えて良かった。お互い色々あるけどViva頑張って〜!

1347460068119.jpg

さて、JRで移動。えちごツーデーパスで新潟のから吉田乗り換えで弥彦へ。
半開き手動ドア、なかなか面白い(^ ^)


1347460090430.jpg
1347460103203.jpg 1347460107949.jpg


弥彦駅到着。なかなか雰囲気が良いです☆

1347460113879.jpg


今日の宿は『櫻家』。良い感じ〜☆
館内、お部屋も和で統一。エレベーターまで畳敷き!
鍵までが可愛い〜☆

1347460128120.jpg

1347460135416.jpg 1347460141153.jpg

続きを読む "日本酒と再会と温泉と。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月11日 (火)

稲穂の里へ〜新潟市

◆9月11日 午後 in 新潟市

東京から新潟まで、新幹線で2時間強。これって通勤圏?と思わせる近さですが、みるみる田園の景色に。
けれど、新潟駅周辺は整然と計画された広い道路が広がり、とにかく道がキレイでした。さすが、故•田中角栄のお膝元。

とりあえず、ホテルにチェックイン。毎度お気に入りのドーミーイン新潟ANNEX。
うーん、今まで宿泊したドーミーインと違う雰囲気。マンションだった建物をホテル仕様にした感じ。
でも、温泉とスタッフは良いです☆

1347377761928.jpg


夕飯のお店を検討しながら、街を探索に。
燕三条で作られているgrafとのコラボ調理器具の売っている万代橋近くのお店へ向かいました。

ガーン(-。-;
9月1日で閉店してしまった〜‼ショック(>_<)


1347377790008.jpg


1347377806727.jpg


燕三条行きたいけど…時間あるかなぁ。


気分を取り直し、古町目指して、てくてく街巡り。
信濃川にかかる、万代橋。なんと、昭和四年に建設された橋で建築技術的には貴重な橋だとのこと。重要文化財に指定されてます〜。


1347377824821.jpg

1347377854445.jpg


1347377882855.jpg

1347377899317.jpg


歩行者通路がアスファルトではない、小石を引き詰めたモノなのは、雪対策かな?橋の上も半分違う…


1347377930240.jpg


暫く歩くと、古町界隈に。三越が街の中心らしく、向かいにはなんと、ラフォーレ原宿新潟が!複合開発されて、テナント的な雰囲気。一応、仕事の一環で侵入〜。


1347377966244.jpg 1347378000525.jpg

1347378043393.jpg


原宿と全然雰囲気が違う…ラフォーレじゃなくても良いのでは…うーん。
場所はベストポジションなんですが。

てくてく古町を夕飯のお店を検討しつつ、地図を見ながら歩きます。


1347378079340.jpg 1347378099717.jpg


こんな路地裏が良い雰囲気。古き良き頃を感じさせる。表は明るい歓楽街で飲食店と混ざり合っていて、サラリーマンや女性も普通に歩いています。これは地方都市の特色ですが、広島や鹿児島などより全然静かで、怖い人がいない(^_^;)

そんな古町にあった「おばんざい 穂」へ。
店先にお花が活けてあり、キレイそう。そして、何よりも店名に惹かれてIN!


1347378121786.jpg

常連さんが上品に集い、ママと女の子の明るさが良い〜☆もちろん、おばんざいも!


1347378151145.jpg 1347378188246.jpg

突き出しと日本酒の〆張鶴純を。おばんざいお任せ五種。

1347378209466.jpg 1347378230289.jpg

のどぐろ含めた刺し盛り。菊の花の甘酢付け。これ、美味しかったです!

一人でバクバク食べつつ、お隣の殿方二人のお話も楽しみ…ママとも話をして、カウンターの特権☆後々、皆さんと少しお話させて頂きました(^。^)
お客様方々、「ここは良いお店だよ」と。当たりっ!


1347378236759.jpg

〆にはやはり、お米を。
生味噌おむすびを頼んだら、ママからサービスで具沢山のお味噌汁とデザートトマトを頂きました(*^^*)


またまた、お酒が繋ぐ?良いお店と出会いました。
また、来たいな〜「穂」

しかし、食べ過ぎ…苦笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

稲穂の里へ

9月11日

毎年ながら、少し遅めの夏休み。奇しくも911の意味ある日から…

今年は新幹線でのんびりと稲穂の里へ向かいます。
冬のスキー以外では初めての上越方面は金色の稲穂に出会えますように。


1347337685342.jpg


1347337692231.jpg


MAXとき、越後湯沢から切り離されるらしく、慌てて車両変更!
二階席で快適にグランスタで購入した今半の牛丼とコレド•キャラでランチ。やはり、旅は駅弁です!


1347337700666.jpg


行って来まーす(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月 5日 (土)

縁ひらく京都

関西旅行の続き。。。

◆京都・三条~祇園~先斗町(2012/3/31)

大阪から電車を乗り継ぎ三条へ。
この日の宿泊は、京都で昨年オープンしたばかりのベストウエスタンホテル。ベストウエスタンは海外の手ごろなホテルのイメージでしたが、とうとう日本にも進出!四条河原町と京都市役所の間のアーケード裏、繁華街に位置し便利な場所にありました。おそらく、以前は違うホテルだった様子。。。さすがベストウエスタン、フロント付近には外国人の方が多かったです。

ホテルのスタッフもとても丁寧で良い印象☆
そして、内装もとっても和モダンで素敵でした。アメニティも一つ一つ、安っぽくなく、お茶も辻利でベストウエスタンオリジナルのものでした。好印象です。

R0015197 13361425489731

Photo Photo_2


休憩しつつ、晩ご飯の検討を。錦市場で買い込むか、お店の目星を付けて行くか。とりあえず、2~3店当たってみながら祇園や夜桜と高台寺のライトアップを見に行くことに。

土曜日夜の河原町付近は大にぎわいっ。表通りが混みすぎなので、木屋町を通って鴨川を渡ろうと思いましたが、なかなかにして女性一人通過するには似合わない夜の木屋町通(^_^;)早歩き。。。 まだ肌寒い鴨川を渡り、祇園へ。

13361425532811 13361425511311

八坂さんが綺麗に。でも、20時近かったので屋台も営業終わり、片付けに入ってました。
では、円山公園に向かおうかと思ったのですが、桜の蕾はピンクになりながらも硬く閉ざされてぼんぼりに照らされていたので、引き返して祇園の花街へUターン。

13361425522141


こちらも翌日からの都おどりの準備もあって、灯篭が華やかに。また、お迎えのハイヤーが続々と御茶屋さんへ向かってました。 裏道も徘徊しつつ、イマイチお店も見つからず。

13361425554181 13361425578061

13361425589141 13361425564551_2



寒いので、河原町へ戻りながら晩御飯を決めることにしました。 鴨川を渡り、先斗町へ。

数年前に京都に一人できた時、先斗町の二階にある和食屋さんが良かったのですが、スッカリ店名は忘れてしまったので、何となく探してみる事に。
しかし、周りのお店も前よりチェーン店的なものが増えていて、呼び込みのお姉さんやお兄さんが立ってました。どこも厳しいのでしょうねー。
どうしようかと迷っていたら、通りの行き止まりに来てしまい、「もう一度引き返して無かったら、部屋で食べよう!」と決めて、てくてく歩き出した所に日本酒の銘柄と映画のチラシが目につきました。ちょっと、2階に上がる小さそうなお店だったのですが、入ってみました。

酒坊 上癇や
http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260202/26006974/

酒坊 上燗や - 外観写真:

13361461880561_2

13361461880561

続きを読む "縁ひらく京都"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年5月 3日 (木)

家族の笑顔力@神戸・大阪

遅くなってしまいましたが、関西の旅の続きです。

◆神戸・御影(2012/3/30-31)

さて、姫路を堪能し同期のMちゃんが住む神戸へ向かいます。JR山陽本線で三ノ宮へ。
快速に急いで飛び乗り、席を探していると、オバチャン二人が向かい合いのシートの向きを進行方向へ変えて下さって、席を作って下さいました。有難い〜❤御礼を言って、三ノ宮で下車。平日17:00過ぎのラッシュ時で車内も駅も人が多い。でも、東京だともう少し遅い時間が混むので、土地の違いを感じます。
さて、三ノ宮から阪急電鉄に乗り、御影へ。JRはSuicaが使えるのですが、私鉄は使えず。スルッとKANSAIを購入しようかと思ったが、販売機が目に付かないので切符を購入。久しぶりの感覚。

少し遅れて到着すると、Mちゃんと長女のMYちゃんがお迎えに来て下さいました☆長女MYちゃん、大きくなってビックリ!子供の成長は早い早い。
Mちゃんの御宅に本日は宿泊です〜。お家は駅から近い高級住宅街に建つマンション。素敵☆そして、ひろ~い(^o^)

R0015185_3 201204015

私はMYちゃんのお部屋を使わせていただきました。
あー、MYちゃんが小さい時におじいちゃんに買ってもらっていた巨大プーさんがいたいた!(写真右下)懐かしい。。。

R0015182


ご主人T澤くんも早く帰宅されて、一緒に夕食を。Mちゃんが豪華なお食事を作ってくださいました!ありがとう☆

20120401_2

会社の話などモリモリ話、いつの間にかビールもモリモリ注がれて。。。お腹もいっぱい☆


今の私の会社の上司がMちゃんと同じ部署だったので、からMちゃんへ手紙を届けて欲しいとのことで、開封すると“ムンク”が!そして、昔の写真をコピーしたものがA3・2枚ほど・・・親子で大うけして盛り上がりました~。

201204012 115_original


そして、デザートに八百屋さんで売られているというフルーツたっぷりのロールケーキ。フワフワだし、美味しい~☆
そして、関西で話題になっているらしいミッシェルバッハのクッキー。並んで購入するのも困難とのことでしたが・・・みんなで「フツウだね。。。(苦笑)」でした。

117_original 116_original


話は尽きず、、、子供たちをすっかり夜更かしさせてしまいました。春休みで良かった。

続きを読む "家族の笑顔力@神戸・大阪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧