旅行・地域

2009年5月 8日 (金)

古都の旅⑧ 奈良(3)

なんだか、つらつらと大作になってしまった・・・すみません、長くてcoldsweats01

●法隆寺~中宮寺~唐招提寺~薬師寺

奈良市街を離れ、斑鳩へrun
JRで「法隆寺」へ向かいますtrain

あ、ある意味全国的に有名な彼がいましたsmile

Pict0291_2

JR奈良駅から法隆寺駅は10分ぐらいなのですが、駅からがまた遠い~バスがあまりないっ!
駅の観光案内の方に相談し、とりあえず25分歩くことを選びましたrun
てくてくてくてく・・・

途中、法隆寺インフォメーションに立ち寄り、休憩&レンタサイクルの相談を。
インフォの方はとても優しく、時刻表を見ながら一緒に考えてくださって、結局、法隆寺の奥、法輪寺・法起寺を諦め、中宮寺→唐招提寺→薬師寺ダッシュルートにdash

*斑鳩は午前中から行くことをお薦めしますflair

お腹も空いてきたので、門前のお蕎麦屋にnoodle
その後のルート&時間消費の熟考~catface

Pict0292


さて、いよいよ「法隆寺」へrun


【法隆寺】
http://www.horyuji.or.jp/

いわずと知れた世界最古の木造建築。聖徳太子が建立した寺院。
1993年には日本で初めての「世界遺産」のリストに登録されたのでしたpen

とにかく広いです!!大きいです!!

五重塔と金堂(飛鳥時代)です。

Pict0294

Pict0298

続きを読む "古都の旅⑧ 奈良(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2009年5月 5日 (火)

古都の旅⑦ 奈良(2)

     奈良公園~興福寺通過~東大寺

さて、満足な朝食後はチェックアウトの11:00まで、奈良公園内を散策

http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-1713.htm

しかし、意外と拝観時間が9:00~のお寺が多く、正倉院においては10:00~15:00と短い。東大寺が8:00~だったので、興福寺に寄り道して五重塔と朝陽を拝み、アウトサイドルートで東大寺へ向かいましたrun


【東大寺】http://www.todaiji.or.jp/

ドーンと大きな南大門。中国の雰囲気を感じますnoodle

門の左右の金剛力士立像はとても大きな巨像。強そうです。運慶快慶の作shadow

Pict0275

広々とした回廊の中庭の奥にありました、大仏殿(金堂)shine

全てが大きいですwobbly

Pict0277

世界最大の木造古建築とされているそうです。

そして、そこには本当に大きな大仏様が鎮座していましたshadow

Pict0280

いやいや、その大きさに圧巻ですwobbly
手のひらも、足かと思うほどの大きさpaper小指だけで1.36mだそうですgood
でも、奈良というか、日本を見守ってくださっている仏様なんだろうなーと、大きさに優しさを感じましたheart01

外国人の観光客の方も圧倒されてましたね。

正倉院はひっそりとした草むらの奥にありましたが、開館時間が遅いので、今回は諦めて次の二月堂へ向かいますrun

Pict0271  Pict0274

続きを読む "古都の旅⑦ 奈良(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月15日 (日)

古都の旅⑦ 奈良(2)

さて、満足な朝食後はチェックアウトの11:00まで、奈良公園内を散策run

しかし、意外と拝観時間が9:00~のお寺が多く、正倉院においては10:00~15:00と短い。東大寺が8:00~だったので、興福寺に寄り道して五重塔と朝陽を拝み、アウトサイドルートで東大寺へ向かいましたdash

Dsc00143 Dsc00145

本当に鹿チャンばかりの奈良公園sign01
自由にノンビリとお過ごし・・・

東大寺

これぞ、修学旅行で行ったはずの東大寺。
うーん、覚えていませんcoldsweats01


広々とした回廊の中庭の奥にありました、大仏殿(金堂)fuji

全てが大きいですeye

世界最大の木造古建築とされているそうです。

そして、そこには本当に大きな大仏様が鎮座していましたshadow


いやいや、その大きさに圧巻ですwobbly手のひらも、足かと思うほどの大きさpaper小指だけで1.36mだそうですhappy02でも、奈良というか、日本を見守ってくださっている仏様なんだろうなーと、大きさに優しさを感じましたheart04

Pict0280

外国人の観光客の方も圧倒されてましたねdelicious

正倉院はひっそりとした草むらの奥にありましたが、開館時間が遅いので、今回は諦めて次の二月堂へ向かいますrun

Pict0275

ドーンと大きな南大門。中国の雰囲気を感じます。

門の左右の金剛力士立像はとても大きな巨像。強そうです。運慶快慶の作。

2日目の続き・・・


 

奈良公園~興福寺通過~東大寺

続きを読む "古都の旅⑦ 奈良(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月 8日 (日)

古都の旅⑥ 奈良(1)

2~3日目(12月29~30日) 奈良市 http://narashikanko.jp/


伊勢から近鉄大阪線の急行、桜井駅にてJR桜井線に乗り換えて奈良へ向かいますtrain
奈良の勉強をしつつ、車中休憩=熟睡gawk ふと、目を覚ますと気温が低く空模様も曇りがちcloudそして、風景がグレーな山に。奈良の地味な感じがじわじわとcute

途中、今、JR東海がCMで力を入れている『室生寺』のある室生口大野駅を通過しました。次は『長谷寺』。うーん、歴史を感じさせるエリアに近づいてきました。ワクワクnote
JR桜井線に乗り換えると、ラグビー部の高校生達が乗りこみgemini そっかー、ラグビーの季節。花園に向けて試合なのかな?奈良駅までご一緒。

今晩の宿泊は「ホテルフジタ奈良」シティホテルの割りに安く、なんと!年末年始関係なく同料金yenここで2泊するか迷ったのですが、せっかく古都なので、翌日は旅館を予約していたのです。
「ホテルフジタ奈良」はとっても良かったですdiamond
ラッキーなことに、シングルがいっぱいでツインの広い部屋だったので、またまたGOODscissors 綺麗でスタッフもとても良く、また、加湿器等の無料貸し出しもありましたlovely
「あー、二泊ここにすれば良かった」と後悔bearingまた次回はここにしようsign03

Pict0249_2  

続き↓

続きを読む "古都の旅⑥ 奈良(1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年1月25日 (日)

古都の旅⑤ 伊勢神宮(2)~河崎

「内宮」の続き。


内宮内の神宮司庁の脇にある『大山祇神社』『子安神社』へshine

その名の通りの縁結びと子授けの神様。地味ながら、女性・ご夫婦がお参りしてました。

Pict0196_4   Pict0199_2


さて、外宮に向かいますrun


その前に、勿論『赤福』へsmile

Pict0200色々、ありましたが、営業再開後は無事に大盛況。一度落ちただけに、上がるのも早いですね。さすがお伊勢さんに守られている~
きっと、神様が奢り高ぶった一族におしおきをしたのでしょうね。「お陰様」という精神を思い出させたのでしょう。


Pict0202 Pict0201


ぜんざいが人気でしたが、やっぱり基本で!綺麗ですねー。
歩いて疲れた身体に甘さが染み渡りますheart02

ちょうどバスが来ていたので、飛び乗って外宮へbus

続きを読む "古都の旅⑤ 伊勢神宮(2)~河崎"

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2009年1月22日 (木)

古都の旅③ 月讀宮~猿田彦神社

■2日目(1229日)伊勢市内(伊勢神宮他)

さて、いよいよ17年ぶりの伊勢参りへrun

伊勢神宮は皇大神宮(内宮)、豊受大神宮(外宮)を中心とする125社の総称です。

「正宮」は内宮・外宮、「別宮」は月読宮・多賀宮・土宮等など

 *     内宮・・・太陽神、天照大御神を祀る

 *     外宮・・・衣食住の神、豊受大御神を祀る

お参りは午前中が必須sign03なので、さくさくとホテルで朝食を取り、伊勢市の駅に荷物を預け、JRで五十鈴川駅へtrain

正式には外宮→内宮の順でお参りするそうですが、お月様が好きな私としては「月読宮」には行きたい!と思っていたのと『あじっこ』の大将からも「月読宮は良いよ」と言われたので、内宮方面から先に廻ることにしました。


     月讀宮(つきよみのみや)」

五十鈴川駅から徒歩で5分くらいrun

昨日、オジサマの話題にもあった、行幸道路を内宮方面へ。政治的な思惑のある灯篭がありました。なるほど、企業の名前が彫られ灯篭の大きさが異なっている・・・うーんcoldsweats02

  Pict0153   Pict0154

(↑クリックすると大きくなります)

こんもりと木々の多い繁る森の中に鎮座していらっしゃいましたshine

まだ朝日が木々から漏れる中、樹の香りに包まれ、とても素敵なお宮です。あ~天然のアロマで癒されます

山を少し登っていくと、4社が凄然として南向きに並んでいました。

Pict0155  Pict0157

月讀尊は最高神天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟神。内宮宮域外の別宮としては最高位の別宮。

天照大御神が「太陽」にたとえられ、月讀尊は光彩(光うるわしいこと)が兄神ひつぐものであったので「月」にたとえられたそうです。

他3社は

* 月讀荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや) 月讀尊の魂を祭神とする

* 伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)伊弉諾尊(いざなぎのみこと)を祭神とする

* 伊佐奈弥宮(いざなみのみや)伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祭神とする

伊弉諾尊伊弉冉尊は日本の国土と山川草木を生み、天照大御神と月讀尊をお生みになった御親神だそうです。ご両親ってことですね。太陽と月をお生みになられたんですねー。凄いご両親です

とてもひっそりと鎮座していらっしゃいながら、美しく並んでいる社に、なんとなく良い気を感じました。朝陽に照らされる姿も綺麗でしたが、月光だと更に美しいのでしょうshine

Pict0156

さて、下山して、再び内宮方面へ向かいますrun

Pict0160 次なる目的地は猿田彦神社shine

15~20分位歩いたでしょうか、ようやく『猿田彦神社』に到着on

続きを読む "古都の旅③ 月讀宮~猿田彦神社"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年1月12日 (月)

古都の旅① 東京~名古屋経由~相差

今季の冬休暇は、弊社にしては珍しく9連休だったので、最近、全く休暇の取れない日々の反動で旅に出るモードにairplane

当初はマイミク・もなかさんの転勤先・天津に行こうと思っていたのですが、ピーク時で予約が困難&渡航費高額のため、今回は残念ながら諦め・・・weep

国内の旅に変更いたしましたtrain

さて、今回は東京国立博物館で拝観した展示(薬師寺展とか)や、話題のゆるキャラ『せんとくん』の影響もあり、このところ気になっていた奈良へ行こう!runと思い、大人の修学旅行に行ってきましたbullettrain

修学旅行・・・2○年前にもうなってしまう・・・ひゃ~shock

という訳で、冬といえば「青春18きっぷ」を使って、鉄子の旅~train・・・と思ったのですが、

奈良に行くなら前後に伊勢と京都を組み合わせる事にしたところ、全て近鉄で繋がっているrecycle

そして、JRを使っても安いので、今回は「青春18きっぷ」は使用せずでした。

近畿・中部地方の近鉄の網羅力の凄さを知りましたsweat01東京にはここまで広範囲の私鉄は無いですからね。

近鉄って凄いsign03

     1日目(1228日)東京~相差~伊勢

本当に久しぶりに新幹線に乗車しての旅bullettrain

ちょっと、ウキウキして名古屋まで~やっぱり特急は心地よいですねhappy01

JR東海の一番の良さは、車内から見える『富士山』fuji冬は雪の帽子も被り、裾野まで美しくshine何度見ても素敵ですねheart

Dsc00153   Dsc00113 


久しぶりに新幹線・
美しい冬の富士山shine

あっという間に名古屋到着soon乗換えまで時間があったので、一旦、改札を出て駅弁を購入riceball

いや~名古屋を下車するのも、1991年に伊勢旅行へ行ったぶり。

駅のコンコースや高島屋が素敵になってました。勿論、人も多いgemini

名古屋の活性化が納得ですgood

Pict0122_2 やっぱり、ひつまぶし!

Pict0124 今回の旅の相棒karrimor's

続き↓

続きを読む "古都の旅① 東京~名古屋経由~相差"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|