« 2014年2月 | トップページ

2014年3月

2014年3月10日 (月)

茶道へ繋がる民藝『茶と美 柳宗悦の茶』

2014/3/9
『茶と美 柳宗悦の茶』
www.mingeikan.or.jp/events/





久しぶりに晴れた週末、ウォーキングしつつ日本民藝館へ。
玄関先に春の兆しが美しい。





今期は『茶と美 柳宗悦の茶』
絶対に拝観したいと思っていた展示だっただけに、沢山の人が来ていました。
特に外国人の方が多く、漢字でしか書いていない札をちゃんと見ていてビックリ!
後に、2階の奥で英語で展示の解説をされていたので、民藝館の方に聞いた所、アジア文化の研究会の方々でした。英語耳ならしの勉強と思い、暫し一緒に聴いてましたが、、、^_^;
こんな説明が出来たらいいなぁ。

展示は想像通り、素敵なものばかり。





立派な霰のお釜は凄かった!江戸時代のものらしく、大胆な霰の大きいこと!

また、中でも素敵だったのは、亡くなった妻の着物で作った仕覆。箱書に思いが書いてあり、暫く見入ってしまいました。
切なく、でも、いつまでも大切にしてその人を思い出す、愛情を感じます。








そして、宗悦が棟方志功と河井寛次郎との交流にて作られた作品が良い☆
その中に宗悦の詞、版画を棟方が描いた作品
「心さばくや袱紗さばきつ」
うーっ、確かに!無心の精神、突き刺さりました。

棟方志功も茶道に魅了されていたんですね。








何度行っても素敵な民藝館。私の心の拠り所です☆
こんな家に住みたい…
全国の民藝館、巡回の旅もいいかも^ ^


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年2月 | トップページ