« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年7月

2012年7月22日 (日)

ちょっと似ていることは、たくさんある

2012/7/21 雨で体調もまだ本調子でなく、喉もかすれ気味な週末。こんな時は、自分を元気にさせる1人遊びの美術館、映画館へGO!

奈良美智「君や僕にちょっと似ている a bit like you and me...」@横浜美術館

待ってました〜奈良美智さんの作品。 水戸芸術館での作品を観た以来?青森美術館であおもり犬に出会ったのも弘前で「A to Z」が開催されていた2006年、、、既に5年以上前と思うと、時の経つのは早いもので。


1342953329427.jpg


最初は女の子のちょっとシュールな表情が変わっているなぁ、と思って私には“甘い”作風だなと見ていただけでしたが、以前たしかNHKで奈良さんの特集番組を放映し、ひとつの作品を描くまでの葛藤や、色を何度も何度も重ねて納得するまで塗り替える様子を観て、作家への関心と作品を観る感覚が変わり、惹きつけられた次第。 今回は本当に久しぶりにたくさんの作品と会える事が楽しみでした。
(今回も取材があったそうですが、描いている時は集中できないので、カメラを回さないでほしいと要望したら、取材が無くなったそうです・・・仕方ないですよね)

横浜も雨でしたが、美術館の広場ではよさこいみたいなダンスのイベントが行われてました。

1342944145246.jpg 1342944152452.jpg

今回は初のブロンズ彫刻が展示されてました。かなり大きな頭の作品。その子達の肌は滑らかで、いつものおでこや頬がぷっくりとし、瞼や小さな鼻と口も立体になると更にリアルで可愛く。 髪の部分などは指の後がくっきりと残り、力いっぱいに造ったのが伝わります。 私が気に入ったのは、幽霊みたいだけど腕が可愛い「真夜中の巡礼者」という作品でした。

↓これはエントランスにあった白銅の作品。『あおもり犬』を思い出します。青森にまた会いに行きたいなあ。

1342944155405.jpg 

メートルundefined奈良美智「あおもり犬」

*高さは約8.5メートル 奈良美智「あおもり犬」


アクリルの絵画は本当に綺麗で、彼女達が何か言いたそうで言えない事を引き出したくなります。もう、ずーっと観ていたくなるほど、キュンキュン来ましたっ!


1342953331656.jpg 1342953333995.jpg

『Blankey』眼がキラキラしていてキレイ。
『Under the Hazy Sky』若葉を持ちながら寂しげ。


ドローイングには、いつもながらのストレートな言葉が書いてあり、奈良さんの部屋を実物大にしたものは面白い展示。また、今回の作品は殆どが2011年と2012年に造られたもの。おそらく、青森出身の彼にとって、震災が大きな影響を与えたのかもしれません。よく見ると、作品はダンボール紙や使い古しの封筒の裏や、木材はタンスの引き出しだったり、ドアや引戸の木枠だったり、廃材を使用した事が見受けられます。 彼なりの何か訴えや、控えめな所が。この素朴でピュアと言うか、優しさと社会に対する怒りとかが、ちょっとした事から出ていて、グッと惹きつけられます。


1342953335220.jpg

1342954584440.jpg

『春少女』この子は色がとっても綺麗でした!希望に満ちている感じ。


あー、何度も観たくなる〜! 図録もまだ作成中らしいし、また、会期中に来ようかな… とりあえず、ハガキを購入して余韻を楽しむ事に(上記添付写真は購入したハガキ)。


雨は更に降って来たので、ギャラリーショップのカフェ小倉山でランチを。 偶然にもカフェがA to Zっぽくなっていて、奈良作品が展示されてました。 こんな所にも…それも『体重計少女』とは、ユニークな‼可愛い☆

1342944163591.jpg

1342944166736.jpg


また、外のワゴンにも居ました。なかなか、やりますね〜。奈良ワールド満喫です。

1342944169984.jpg 1342944173085.jpg


続きを読む "ちょっと似ていることは、たくさんある"

| | コメント (1)
|

2012年7月16日 (月)

声は出ずとも…

先週から、朝起きると喉が痛いなぁ、、、と思っていたところ、週末久しぶりに声が出なくなりました(-。-;

部署の引っ越し、飲み会、極め付けに高校時代の同級生の結婚祝いランチ会。毎度ながら女子校パワー炸裂で、話さない訳はないし、声量デカデカ(^_^;)
そんなこんなで、日曜日には音にならない声の状態に。それでも英会話のレッスンは出席して、口パク&ジェスチャーで参加。


さすがに病院に行かねばと、近所の吉田クリニックへ。休日も診察(午前中のみ)は、本当に有難い‼


無事に喉の漢方薬を頂き、ホッとして駅のカルディコーヒーファームにノド飴でも買おうかとふらっと立ち寄ったら、なんと‼最近入手困難だった、カルピスバター(有塩)業務用が!(◎_◎;)
きゃーっ‼と、心の中で叫びつつ、即ゲット!
ああ、出会うのに何ヶ月掛かった事か…思わず、出ない声で店員さんに

「カルピスバター、入ったんですね!」
「今日、入ったんですよ~でも、あまり入らないんです」
「ラッキーです☆」
と、話していました。

1342449707308.jpg


その後、スーパーに行き、パン屋とクリーニング屋さんに行こうかと思いましたが、声が出ない…
私って意外とお店の方々と話しているんだと実感してしまいました(^_^;)
まぁ、、、単なるおしゃべりなんですが(^_^;)

でも、朝から動いてご褒美頂きました☆

ああ、気管が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月 1日 (日)

ノスタルジーな憧れ

すっかり6月はブログを書かず7月になってしまった・・・反省
もちろん、何もしていなかった訳もなく、なんだか梅雨は気力が少々減退ぎみな感じです。

さて、久しぶりに東急Bunkamuraのル・シネマに行ってきました。
やはりこの劇場は渋谷と言えども大人な感じで落ち着いていて良いです。そして、全席指定の入れ替え制になったので、以前よりスムーズに。

今回は「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞。
ウッディ・アレンの映画にはあまり興味がなかったのですが、今回の作品はパリの風景も綺麗そうで観たいと思い、ロングランにもなっていたので、ようやく。

W・アレンが描くロマンティック・コメディ

2012年5月26日より 新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほかにて
配給:ロングライド
公式HP:http://midnightinparis.jp/
(C)Photo by Roger Arpajou (C) 2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L.and Gravier Productions, Inc.       
© 2012 YouTube, LLC

解説では・・・
深夜0時を告げる鐘の音に導かれ、さまよい込んだ先は、活気漲る芸術&文化が花開いた1920年代だった!これは夢か、はたまた幻かと驚くギル(主役)の前に、次から次へと高名なる人物を名乗る面々と、官能的な美女アドリアナが現れて……。 本作は、現実逃避的な主人公が夜ごとタイムスリップを繰り返し、偉大な芸術家たちにめぐり会う奇想天外な物語。ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、ピカソ、ダリ、ルイス・ブニュエル、ロートレック、ゴーギャンらの偉人キャラクターが心憎いほどぞろぞろと登場する・・・


面白かった!これがウッディ・アレンのファンタジーさとユニークさなのかと!!
1920年代芸術家同士の関係が分かりやすく、その時代では誰もが作品を作ることに必死で、そして皆が若者であった。また、妙に親近感を覚える感覚が楽しい★

そして、どの時代も古き良き時代に憧れ、今生きている時代に辟易している。けれど、今の時代がまた未来の人々には素敵に思われ、それを繰り返し年を経ていく。
ノスタルジーにふけることもあるけれど、今の時代も自分たちが作る良い時代なんだということを忘れないでいかなければ。。。と、私たちにウッディ・アレンは訴えたかったのかしら?

私も戦前の建築家やデザイナー、シャルロット・ペリアン白洲次郎民藝運動の頃の柳宗悦芹沢銈介が大好きで憧れるけれど、その時代の人々も自分は未熟で新しいことを始めようとするときには、過去を参考にしていたのかもしれないと。江戸時代の粋や、室町時代の装飾技術など、、、だから流行が繰り返されたり、見直したりするのでしょう。

そんなことを、この映画は伝えたかったのかな?と思いました。


そして、見れば見るほど、、、パリに住みたい!

もう、パリの街並み観光しているように映像が素敵なことと、内容もタイムスリップする主役がたくさんの芸術家に出会っていくのが楽しかったし、オシャレで、時代背景が服装や風習、音楽などによって変わる様子がとても楽しい!
主役のギルも現実的な家族の婚約者と離れ、最後は自分の意思を貫いたのに納得!

と、言っても現実は厳しいので、映画館を出た直後、VIRONでバケットなどモリモリ買ってパリを感じてみました。。。行きたいなぁ。


1341076922957.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »