« 2009年の風水 | トップページ | ママランチ&ブルーマン »

2009年2月 8日 (日)

古都の旅⑥ 奈良(1)

2~3日目(12月29~30日) 奈良市 http://narashikanko.jp/


伊勢から近鉄大阪線の急行、桜井駅にてJR桜井線に乗り換えて奈良へ向かいます
奈良の勉強をしつつ、車中休憩=熟睡 ふと、目を覚ますと気温が低く空模様も曇りがちそして、風景がグレーな山に。奈良の地味な感じがじわじわと

途中、今、JR東海がCMで力を入れている『室生寺』のある室生口大野駅を通過しました。次は『長谷寺』。うーん、歴史を感じさせるエリアに近づいてきました。ワクワク
JR桜井線に乗り換えると、ラグビー部の高校生達が乗りこみ そっかー、ラグビーの季節。花園に向けて試合なのかな?奈良駅までご一緒。

今晩の宿泊は「ホテルフジタ奈良」シティホテルの割りに安く、なんと!年末年始関係なく同料金ここで2泊するか迷ったのですが、せっかく古都なので、翌日は旅館を予約していたのです。
「ホテルフジタ奈良」はとっても良かったです
ラッキーなことに、シングルがいっぱいでツインの広い部屋だったので、またまたGOOD 綺麗でスタッフもとても良く、また、加湿器等の無料貸し出しもありました
「あー、二泊ここにすれば良かった」と後悔また次回はここにしよう

Pict0249_2  

続き↓

柿の葉寿司「平宗」 http://www.kakinoha.co.jp/

さて、今晩の食事を何処にしようかと街に繰出します

居酒屋にしようか・・・んー、でもアーケードの商店街の中は東京にもありそうなお店ばかり
少し何件か目安をつけて廻ってみました。
結構、細い路地が沢山あり、そこに昔ながらのスナックや飲み屋などあり、とりあえず奈良といえばの吉野名物・柿の葉寿司「平宗」へ。

Pict0247


照明も蛍光灯の古いお店で、雑多なカウンターには年末年始用の折詰箱が山積みに
席が空いていたので、入店
気立ての良い女の子が対応してくださり、素麺や葛菓子他奈良の名物が入っているお膳を注文しました。

お店の雰囲気から、あまり期待をせず、柿の葉寿司が美味しければ良いと思っていたのですが、突出しのお豆腐や野菜、鯛の美味しいこと

Pict0241  Pict0242


そして綺麗思わず、これはお酒が欲しくなる・・・と、本当は地酒日本酒を頼みたかったのですが、切れているとのことで、地酒焼酎を注文

籠に入った揚げ物も関東ではいただけない野菜が沢山!
そしてメインの柿の葉寿司はタップリと翌日のプランを考えながら、ほろ酔いで満足~

Pict0243  Pict0245

デザートも吉野葛

Pict0246

お会計時に大将にお話を聞いたところ、「今晩は一年で一番忙しく徹夜です」と
そうですよねー、我が家も押し寿司をお正月の御節に出てくるなと。
きっと、年始の贈答品用も多いのでしょうね。


■ 3日目(12月30日)

奈良ホテル http://www.narahotel.co.jp/

旅立つ前に必ず顧問の涌井先生に、旅先のお薦めスポットを教えて頂くラッキーな私
今回も奈良のスポットを教えていただきました

指令①「『奈良ホテル』の朝食を予約して食べてきなさい」

前日の夜、7:30に予約を入れ、6:30にホテルを出発し、朝の散歩をしつつ『奈良ホテル』に向かいました
朝日はまだ出ておらず、静かな街をテクテク

走っている人や散歩をしている人が数人いました。
京都とは違って小ぢんまりとした町並み。昔からの建物と現代の町並みが共存している感じです。

Pict0250  Pict0251    

興福寺・奈良公園を横切り、春日大社の鳥居を右折大きな池を上った先に『奈良ホテル』がありました

Pict0254   Pict0268

明治42年創業の伝統的な老舗ホテル。
辰野金吾の設計(東京駅・日銀本店も設計)で和洋折衷の内装で、総桧造りの桃山御殿風の本館。赤い絨毯で天井が高く、壁には天皇家のご訪問や各国の皇室の方々の写真がアインシュタインやヘレン・ケラー、オードリー・ヘップバーンも訪れたそうです

Pict0263  Pict0264

ダイニングルーム「三笠」へ。早く到着(7:00)できたので、窓際に案内されました
そして、名物の茶粥をいただきました。

Pict0256  Pict0260 

味は勿論ですが、適度な量と添えてある梅干などが嬉しく、上品な味付け。美味しかったです何よりも雰囲気が素敵でしたね。やっぱり老舗ホテルの朝食はGOOD

ゆっくりとほうじ茶を頂き、ホテルのチェックアウトまでの計画を練ります。

館内を少し見学。箱根富士屋ホテルと同じような年代の建築のアンティークな雰囲気。
全国の老舗ホテル、頑張って欲しいものです。次回は宿泊!

Pict0255   Pict0265

Pict0266

|

« 2009年の風水 | トップページ | ママランチ&ブルーマン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

奈良ホテル、仕事でちらっとだけ行ったことがありますが、スタイリストアシスタント時代で、裏方仕事をしていたので、こんなに素敵なホテルだったなんて気づきませんでした
奈良には友だちが住んでいるので、是非行きたいなぁとおもっています。
(いつか体験したいのは東大寺のお水取り。白洲正子さんの本によると、紙で作った椿が素晴らしいんだそうです。)
今年も素敵な旅をしてくださいね~♪

投稿: edible | 2009年2月14日 (土) 21時03分

★edibleちゃん
「奈良ホテル」アンティークで素敵でしたよ~~。
是非、奈良に伺った際は、立ち寄ってみてください。

はーい、今年も旅に出ます
勿論、熊本にも寂しいけれど、楽しみですわ~。

投稿: inaho | 2009年2月15日 (日) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古都の旅⑥ 奈良(1):

« 2009年の風水 | トップページ | ママランチ&ブルーマン »